• 印刷する

チャウピュー発電所、1.7億米ドル投資へ

ミャンマー投資委員会(MIC)の事務局である投資企業管理局(DICA)は、ミャンマーと中国の合弁事業、チャウピュー・エレクトリック・パワー(KPEP)が、西部ラカイン州チャウピューでのガス火力発電所の建設に1億7,200万米ドル(約189億3,400万円)を投資すると明らかにした。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが14日伝えた。

KPEPは、地場スープリーム・グループと中国のインフラ大手、中国電力建設集団(中国電建)が設立。2019年11月には、電力・エネルギー省と売電契約を締結した。

チャウピュー発電所は、電力・エネルギー省が18年、長期的な発電事業として開発推進を許可した発電所4カ所の1つ。発電容量は13万5,000キロワット(kW)、稼働は22年以降になる見通しという。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染確認なし、累計369人=14日朝(08/14)

コロナ規制、一部緩和で8月末まで延長(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

車両登録料を大幅引き下げ、コロナ救済で(08/14)

コロナ基金の追加融資、700社超が申請(08/14)

集会の許可人数、30人までに緩和へ(08/14)

日本から帰国者で初の感染確認、累計369人(08/14)

コロナで6割が投資削減へ=独商工会調査(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン