初の国産空母、就役は21年初めの見通し

インド初の国産空母「ビクラント」の就役は2021年初めになる見通しだ。現在は建造作業の第3段階に入っている。PTI通信が8日に伝えた。 ビクラントは、南部ケララ州を拠点とする国営造船コチ・シップヤード(CSL)が建造している。第3期では、発電設備や推進機関など装置…

関連国・地域: インド
関連業種: その他製造政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドナルド・トランプ米大…(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

インドの遊びの歴史に変化を ナムコ、ゲーセンで年商10億円へ(02/26)

日本企業に投資呼び掛け=インド鉄鋼省(02/26)

二輪TVSの2月生産、新型肺炎で10%縮小(02/26)

JLR、ハイデラバードに3S拠点を開設(02/26)

シンガレニ、来年度の設備投資は300億ルピー(02/26)

石油公社とエクソン、液化ガスの輸送で連携(02/26)

ユニリーバ、減税追い風に新子会社を設立(02/26)

インフラKEC、中東の送電塔工場を買収(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン