康友、家禽ワクチンの販売権をCPに

点滴などの注射剤を手掛ける康友製薬控股(ファーマリー・インターナショナル)は6日、農業や畜産業を中核事業とするタイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループに、家禽(かきん)用ワクチンのインドネシアでの販売代理権を授与することを明らかにした。経済日報などが伝…

関連国・地域: 台湾タイインドネシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(02/21)

新型肺炎、26人目の感染者確認(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

遠伝の資本的支出、今年は16年以降最多に(02/21)

亜太、2Qにも越境モバイル決済サービス(02/21)

台湾企業のシール型体温計に注目、肺炎で(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン