康友、家禽ワクチンの販売権をCPに

点滴などの注射剤を手掛ける康友製薬控股(ファーマリー・インターナショナル)は6日、農業や畜産業を中核事業とするタイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループに、家禽(かきん)用ワクチンのインドネシアでの販売代理権を授与することを明らかにした。経済日報などが伝…

関連国・地域: 台湾タイインドネシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「も~もたろうさん、も…(09/22)

米台がアジアで協力強化へ インフラ建設などに資金支援か(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の輸出受注14%増、2年以上ぶり伸び幅(09/22)

TSMCの2ナノ技術、開発の難関突破か(09/22)

台湾ファウンドリー、中国企業から受注増か(09/22)

カルナタカの携帯電話生産、新政策で拡大へ(09/22)

パネル2社、4Q純益が100億元に回復も(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン