• 印刷する

財閥ロイヤル、ロン島開発に3億米ドル投入

カンボジアの財閥ロイヤル・グループは、南部シアヌークビル州の沖合に位置するロン島のリゾート開発計画に2億8,500万米ドル(約308億円)を投入すると発表した。中国企業ロイヤル・ギャラクシー・グループとの合弁会社を通じ、開発を進める予定。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

ロイヤルによると、高級ホテルや国際会議施設、免税店、小売り施設、ビラ(戸建て宿泊施設)600軒などを建設する計画。キット・メン会長兼最高経営責任者(CEO)は「将来はホテルの増設やカジノの開設も視野に入れている」と明らかにした。

ロイヤルは2008年に政府から、ロン島の開発に関する認可を取得。18年4月に5つ星ホテル「ロイヤル・サンズ・コー・ロン」を開業した。

一方でキット・メン氏は、ロン島での空港建設に関しても政府から認可を取り付けたことを明らかにした。カンボジア民間航空局(SSCA)の報道官も事実と認め、「建設はまだ始まっていないが、(ロイヤルは)既に事業化調査を完了した」とコメントしている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

億豊、カンボジアなどで生産能力拡大へ(09/18)

国境に隔離施設の設置計画、労働者入国で(09/17)

アンコール航空、定期便の運航を再開(09/16)

観光業界、お盆休みの旅行活性化に期待(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン