スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対するジェノサイド(民族大量虐殺)があったとして、同国政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴された件で、オランダ・ハーグの同裁判所で開かれた公聴会が12日までに終了した。出廷したアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相はジ…

関連国・地域: 中国ミャンマー日本ASEAN米国アフリカ欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(12:07)

10~12月のFDIは11億ドル 電力、不動産、製造がけん引(01/23)

ヤンゴンの下水道整備、円借款で推進へ(01/23)

大統領、ロヒンギャ迫害関与者を訴追の方針(01/23)

日本外務省がロヒンギャ報告書を評価(01/23)

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(01/23)

プルデンシャル、無償でデジタル医療を提供(01/23)

19年火災件数は2500件、死者79人に増加(01/23)

ヤンゴンからココ島へのフェリー運航開始(01/23)

タニンダーリ管区の前首相、汚職容疑で起訴(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン