中国大使が施設視察、牛肉の対中輸出を視野に

【共同】中国の孔鉉佑駐日大使は11日、宮崎県都農町の牛肉加工施設、ミヤチク都農工場を視察した。日本産牛肉の対中国輸出の再開条件となる協定に日中両政府が署名しており、施設を案内した江藤拓農相は「視察を通じて、(両国の)協議が加速化されることを期待している」と話した…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

華為が豪投資1億$削減、1000人リストラも(09/23)

大型IPO控え資金流入続く 金管局、米ドル買い介入恒常化(09/22)

テイクオフ:「○○様」と書かれたプ…(09/22)

米台がアジアで協力強化へ インフラ建設などに資金支援か(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

自由貿易試験区を3カ所新設 北京や湖南に、対外開放を加速(09/22)

1~8月の財政収入、7.5%減の12.7兆元(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン