• 印刷する

テイクオフ:幸いこれまで大きなけが…

幸いこれまで大きなけがや病気もなく、健康に過ごしてきたつもりだったが、このところ何かと医者の世話になることが増え、先日ついに当地で手術を受ける羽目になった。日本でもほとんど医者にかかったことがないのに、インドネシアでこんな初体験をするなんて。

今の時代、珍しい病気でもない限りネットで調べれば症状などからおよその病気や治療法が分かる。素人が医者に物申すのもおかしいと思いつつ、日本の一般的な治療と異なるとつい不安から「日本では……」と口を出してしまった。看護師に「医者を信じろ」とたしなめられたが、それなら「たぶん」とか「だと思う」を多用するのはやめてほしい。

手術は滞りなく済んだものの、完治までは服薬治療が続く。忘年会が増えるこれからの時期、お酒が飲めないのは少しさみしいが、禁酒のいい機会と思って乗り切りたい。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタの活動制限、27日まで再延長(08/14)

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

全国の港湾開発費は470億ドル=海運局(08/14)

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン