投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ

シンガポール政府系の投資会社テマセク・ホールディングスは、出資先企業に対して温室効果ガスの排出量を2030年までに半減するよう求める方針だ。ホー・チン最高経営責任者(CEO)が12日、国連の持続可能な発展を目指す「グローバル・コンパクト」イニシアチブに関する講演で明…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今年の経済成長率予測、上限を下方修正(12:03)

テイクオフ:9日の建国記念日に行わ…(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(08/11)

金融機関の配当金引き下げ、当局が要請(08/11)

興行ゲンティン、4~6月は過去最大の赤字(08/11)

不動産キャピタランド、1~6月は89%減益(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン