投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ

シンガポール政府系の投資会社テマセク・ホールディングスは、出資先企業に対して温室効果ガスの排出量を2030年までに半減するよう求める方針だ。ホー・チン最高経営責任者(CEO)が12日、国連の持続可能な発展を目指す「グローバル・コンパクト」イニシアチブに関する講演で明…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(19:04)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(19:04)

西部の産廃処理場で火災、鎮火に6時間(18:31)

テイクオフ:シンガポール人はあまり…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

モスバーガーが植物肉発売 大手チェーン初、他国も視野(12/12)

【アジメシ】 シンガポールの若手クリエーター 老舗アワビ料理に舌鼓(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

19年の経済成長率予想、0.7%に上方修正(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン