• 印刷する

グラブペイ加盟店、15日までに3千店超増加

東南アジアの配車最大手グラブはこのほど、同社が展開する決済アプリ「グラブペイ」のマレーシアでの加盟店が、今月15日までに3,000店以上増えると発表した。新たに地場大手スーパーマーケットチェーンやドラッグストア、電子商取引(EC)サイトなどが加わる。

グラブの現地法人グラブ・マレーシアによると、ハイパーマーケット・スーパーマーケットでは、香港系GCHリテール(マレーシア)が運営するジャイアント、英系テスコ、地場マイディンで利用可能となる。また、ドラッグストアの香港系ワトソンズとガーディアン、映画館のMBOシネマズ、ピザチェーンのドミノピザ、地場コンビニエンスストアの99スピードマート、フィリピン系石油元売り大手ペトロンの給油所が加盟するほか、衣料品専門ECサイト、ザロラでの決済にも対応する。

グラブ・マレーシアは声明で、「グラブペイの利用可能地域は、これまでの国内8都市から全国へと拡大する」と説明。グラブペイのオーイ・フエイティン社長(マレーシア・シンガポール・フィリピン担当)は、「マレーシア生まれ、かつ東南アジアを代表する電子マネーであるグラブペイを、日々のあらゆる場面で利用できるデジタル社会にしたい」とコメントした。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 金融運輸IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まるでニンニクの英才教…(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

企業8割が来年の売上増予測 世界的な供給網見直し好機に(11/13)

20年の実質昇給率は2.9%に低下、英社調査(11/13)

来年にブルーエコノミーの調査開始、経済省(11/13)

国家運輸政策に賛否、政策の整合性に疑問も(11/13)

RM1=26.4円、$1=4.14RM(12日)(11/13)

中古車プラットフォーム「ezオート」開設(11/13)

高速道路の料金徴収、順次RFID対応へ(11/13)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン