再生エネのブルー、南部で風力発電所建設へ

シンガポールの再生可能エネルギー企業ブルー・サークルは、カンボジア南部カンポット州で建設を予定する風力発電事業について、11月中に政府との協議を実施する。建設が実現すれば、国内初の風力発電事業となる。クメール・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 鉱業・エネルギー省…

関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

観光ビザを自動延長、1月1日以降入国で(17:35)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染者110人に、首相は給料寄付も(04/03)

燃料価格引き下げ、08年以来の低水準に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

精米輸出を停止へ、コロナ対策で食料備蓄(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン