【ディープチャイナ】スマートシティ市場に食い込め:問われる日本企業の提案力

都市化の進展に伴い、中国全土で雨後のたけのこのごとく持ち上がる「スマートシティ」開発プロジェクト。スマートシティ分野で最先端の技術を有しているといわれる日系企業だが、まだ存在感を発揮しているとは言い難い。遼寧省大連市で開発が進められている“大連生態科技創新城(…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米中が貿易協議で合意、15日の追加関税見送りへ(10:49)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(15:46)

積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

5Gスマホが500万台突破、11月出荷数(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン