• 印刷する

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア

成長市場で優位性保てるか

4月に開かれた「マレーシア・オートショー2019」を視察する同国のマハティール首相(手前、NNA撮影)

4月に開かれた「マレーシア・オートショー2019」を視察する同国のマハティール首相(手前、NNA撮影)

■日系シェアはインドネシア98%、タイ86%

アジアは日本の完成車メーカーにとって重要な位置を占める。1人当たりの国内総生産(GDP)が3,000米ドル(約32万円)を超えると本格的な自家用車普及(モータリゼーション)が到来するとされるが、それぞれ人口1億人前後を抱えるフィリピンやベトナムがこれに相当し、さらに14億人の巨大市場インドが次に控える。一方、すでにモータリゼーションを迎えたインドネシアとタイでは、それぞれ日系メーカーのシェアが98%、86%と圧倒的な存在感を示し、マレーシアでも42%に達している。

7月に開催されたインドネシア国際オートショー(GIIAS)。依然として日本車の人気が高い(NNA撮影)

7月に開催されたインドネシア国際オートショー(GIIAS)。依然として日本車の人気が高い(NNA撮影)

フィリピンでは日産自動車が2020年のEV「リーフ」投入に向けて調整を進めている(NNA撮影)

フィリピンでは日産自動車が2020年のEV「リーフ」投入に向けて調整を進めている(NNA撮影)

フィリピンのジプニー(左)やインドのオートリキシャ(右)にも電動化の波が訪れている(NNA撮影)

フィリピンのジプニー(左)やインドのオートリキシャ(右)にも電動化の波が訪れている(NNA撮影)

専門家は、東南アジアやインドにおける日系メーカーの強みとして、「サプライチェーン網」「製造拠点網」「ディーラー網」の3つの網を指摘する。サプライチェーン網はティア1(1次下請け)にとどまらず、ティア2、ティア3に至るまでの重層的なサプライチェーンを構築。製造拠点網については、高い市場シェアを背景に域内各国に幅広い製造拠点網を確立した。ディーラー網についても長い年月をかけて各地域に浸透し、地方の有力者も含めたネットワークを持つ。構築コストの高い3つの網を築き上げたことで、他の外資系競合や新規参入者に対して強みを発揮している。

電気自動車(EV)や自動運転、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)といった次世代技術が進展する中、日本勢が引き続きアジアで存在感を維持できるかが今後の浮沈の鍵を握る。

※特集「アジアを走れ、次世代モビリティー」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2019年9月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: タイベトナムインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

AV事業で人員3割減、オンキヨーが合理化策(11/13)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

住商が電動バス最大手に出資 台湾域内外で販売協力(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

東芝が親子上場の解消検討、プラントなど候補(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入(11/13)

トヨタ、公共車両の刷新事業に参入(11/13)

三井E&Sが国内発電所建設から撤退、工場売却(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン