• 印刷する

テイクオフ:思わず過去の体験と重ね…

思わず過去の体験と重ねてしまった。天皇陛下の即位礼や祝宴に参列するため訪日していたドゥテルテ大統領が、予定を切り上げて帰国した。今月16日に運転していたバイクから転倒したことが原因で、耐えがたい痛みを脊柱に感じていたという。

事故を起こしたのが大統領警護隊の敷地内で、停止後にバランスを崩したことから大事には至らなかったとみられていた。だが、痛みは後から襲ってくることもある。これまで複数回バイクから転倒し、立ち上がれないほどの強打と切り傷を負ったことがあり、後に尾を引いた記憶がある。

パネロ大統領報道官は「健康状態に問題はない」と強調する。だが、大統領は74歳を迎え、他にも持病を明らかにしている。大統領の任務遂行も、まずは健康第一だ。過酷な業務にやけを起こした上でのバイク事故というのなら、納得できないでもないが。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の発言…(12/10)

財閥SMの埋立開発が認可 900億ペソ投資、巨大娯楽地区に(12/10)

関電工、地場工事会社に40%出資(12/10)

スービック開発で協力覚書、日比インフラ合同委(12/10)

貿産省、20年に1.5兆ペソの投資予測(12/10)

輸入品の過小申告、関税局が没収も(12/10)

電子業界、税制改革で雇用50%喪失を懸念(12/10)

サンミゲル、MRT7号線の延伸計画(12/10)

マララグ港改修が完了、南ダバオ州(12/10)

マカティ市、ネット賭博への免許付与停止(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン