• 印刷する

科技分野の人材誘致計画、対象範囲を拡大へ

香港政府は16日発表した施政報告(施政方針演説)に、科学技術分野の域外人材雇用に就労ビザ手続きの簡素化など優遇策を適用する「科技人材入境計画」の拡充を盛り込んだ。イノベーション産業の一層の振興を図るのが狙い。来年1月から実施する。17日付星島日報などが伝えた。

同計画の適用対象となる科学技術分野は6分野増やし13分野とした。従来の◇バイオテクノロジー◇人工知能(AI)◇サイバーセキュリティー◇ロボティクス◇データ分析◇フィンテック(ITを活用した金融サービス)◇材料工学――に、◇第5世代(5G)移動通信システム◇モノのインターネット(IoT)◇半導体設計◇マイクロエレクトロニクス◇デジタルエンターテインメント◇グリーンテクノロジー――を加えた。

適用企業の範囲も関連する全企業に広げる。以前は政府系情報・ハイテク産業基地「数碼港(サイバーポート)」とハイテク産業団地「香港科学園(サイエンスパーク)」の育成企業に限定していた。

■R&D人材の助成拡大

地元大学卒業生などのテクノロジー人材育成に助成金を出す「博士専門人材ハブプログラム」と「研究員プログラム」について、香港で研究開発(R&D)を行う全ての企業に来年第1四半期(1~3月)から拡大することも決めた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 化学その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

香港、18日も域内の小中学校など休校(18:49)

景気浮揚は20年後半見通し 回復に時間必要、CLSA予想(11/15)

政府、夜間外出禁止令を否定 13日の緊急会議受け観測浮上(11/15)

4日連続のデモ、小中学校などの休校を延長(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

中環と中文大「戦場化」に懸念、経済紙社説(11/15)

13日のスト呼び掛け、900万人が足奪われる(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

香港ビジネス環境は難局続く、ゴールドマン(11/15)

市中銀行、13日の混乱で250カ所の支店休業(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン