地場給油所、航空燃料事業への参入目指す

ミャンマーで20年以上にわたり燃油の輸入と給油所運営を手掛けている地場ミャミッターモンは、航空燃料事業への参入を目指している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 同社は、航空燃料の輸入・貯蔵・販売事業に関する提案書を運輸・通信省と同省傘下の民間航空局(…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸天然資源サービス


その他記事

すべての文頭を開く

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(17:33)

交通安全啓発、地場大手も 事故増加の一途で機運徐々に(11/14)

左ハンドル車のみ輸入継続、製造年も厳格化(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

チャウピュー特区、環境影響評価に着手(11/14)

タイ企業が工場進出を相次ぎ検討=DICA(11/14)

韓国支援の工業団地開発、2件が進行中(11/14)

中国、ミャンマー和平機関に60万米ドル寄贈(11/14)

食用油の年間消費量、100万トン超える(11/14)

タナカ、ユネスコでの無形文化遺産目指す(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン