華為、制裁を逆手に成長も 日本のモバイル研究者が指摘

中国の通信設備機器大手の華為技術(ファーウェイ)が9月にドイツで発表したスマートフォンの新機種は、米国の制裁により販売への影響が避けられない見通しとなった。米グーグルの基本ソフト(OS)を利用できず、メールやゲームなど一部のアプリが使えなくなるからだ。トランプ…

関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

韓国日産で希望退職者募集、販売急減受け(15:25)

クルーズ下船の邦人帰国、4人とも感染なし(12:10)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

メコン川委、プラごみの流入経路を調査へ(02/18)

南部の白身魚、アジア出荷増 越産「万能ナマズ」の出世(上)(02/18)

日本人女性との出会いを支援 地場結婚相談所、国内初の試み(02/18)

商用車の合従連衡が加速、いすゞ・日野生き残りへ(02/18)

配当税撤廃で日系に恩恵 MUFG予算講座、会計士が解説(02/18)

東洋エンジ、ジョ州の水蒸気分解施設を完工(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン