• 印刷する

コメ輸入関税、今月中にも引き上げへ

フィリピン農業省は未脱穀米(パライ)の価格急落を受け、輸入米に適用している緊急輸入制限(セーフガード)措置の税率を引き上げる方針だ。早ければ今月中にも実施する。トリビューンが伝えた。

輸入米の関税を東南アジア産で75%(現行35%)、東南アジア以外産で100%(同50%)に引き上げる。ダール農相代理は「調査は10月初めまでに完了する予定だ。消費者と小規模農家を保護していく必要がある」と述べた。

農業省は衛生検疫、植物検疫などの強化と並び、緊急関税をコメの需給安定化手段として用いている。フィリピンのコメ自給率は93%だが、同省は必要以上の輸入米が流入しているとの認識を示している。

フィリピン統計庁(PSA)によると、パライの平均出荷価格は8月第2週時点で1キログラム当たり17.62ペソ(約36.5円)で、前年同期(22.28ペソ)に比べ20.9%下落している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン