• 印刷する

19年の成長率2.1%、OECDが下方修正

経済協力開発機構(OECD)は19日、今年の韓国の国内総生産(GDP)伸び率が2.1%になると見通した。5月時点の見通しから0.3ポイント下方修正した。韓国メディアが伝えた。

OECDは「世界の貿易が鈍化し、中国の輸入需要が減少している状況を反映した」と説明した。

2020年の成長率も2.5%から2.3%に下方修正した。

世界経済の成長率については、今年は2.9%、来年は3.0%と予測した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:SNSや記事への悪質な…(10/16)

曺氏辞任で政権運営厳しく 日韓関係の展望、木村教授に聞く(10/16)

成長目標達成へ「緊迫感」 李首相、景気対策の強化を指示(10/16)

日韓関係悪化「影響なし」、日銀大阪支店長(10/16)

9月輸出額11.7%減、半導体が依然振るわず(10/16)

現代重グループの造船3社、労使交渉が難航(10/16)

現代・起亜自、リコール費膨らみ大幅減益へ(10/16)

印M&M社長が訪韓、双竜自の再建策提示も(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン