• 印刷する

電動二輪アザー、エントリーモデルの販売停止

インドの電動二輪車メーカー、アザー・エナジーは、エントリーモデルの「アザー340」の販売を停止した。上位モデルの「アザー450」に注文が集中したためだ。ビジネス・ライン(電子版)が18日に伝えた。

アザーはインド工科大学(IIT)の卒業生が2013年に設立した新興企業で、340と450の電動スクーター2モデルをこれまでに市場投入した。本社を置く南部ベンガルール(バンガロール)での価格は、340が10万2,000ルピー(約15万5,000円)、450が11万3,000ルピー。だが、注文の99%は450に集中し、「誰も340を欲しがらなかった」(同社インスタグラムでのコメント)という。

アザー340は、同社の公式ウェブサイトからも削除されている。アザーは、上位モデルが人気を集めたことに喜びを表した上で、今後は「450と新製品に全精力を集中する」としている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

太陽光発電企業の資金調達、上期は76%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン