オフィス賃料、来年2割下落か 企業の拡張鈍り、移転の動きも

香港のオフィスビル賃料が来年にかけて大きく値下がりしそうな雲行きだ。米中貿易摩擦や香港で広がる社会の混乱など域内外の悪材料を受け、業務拡張ペースを緩める企業が増え、需要の伸びに歯止めがかかるとみられているためだ。業界内には来年、高級物件の賃料が最大2割値下がり…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

施政報告、議会で行えず=民主派議員が抗議(22:12)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:香港は今、秋の芸術シー…(10/16)

資産の海外移転、市民が関心 緊急条例臆測で問い合わせが急増(10/16)

金管局、銀行の資本強化基準下げ=中小支援(10/16)

SFCのアルダーCEO、来年9月に退任へ(10/16)

香港の実質マイナス金利、株式市場に追い風(10/16)

反落、材料乏しく小動き=香港株式(10/16)

マカオ証取計画、アナリストが困難と指摘(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン