廃棄物発電、政府が前向きに検討

カンボジア政府は、固形廃棄物を燃料とする発電に取り組む方針を表明した。経済成長と都市人口の拡大などで急増する廃棄物の有効利用に本腰を入れる。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 財務経済省と環境省は先週、増加する固形廃棄物への対処などを議論する会合を開催。ご…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本が食糧援助3.5億円、被災地の缶詰供与(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

建設投資認可額、1~9月は34.7%増(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

縫製産業のセクハラ、経済損失は97億円(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

太陽光発電プライム、カンボジアに進出へ(10/21)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン