• 印刷する

《日系進出》川崎重工がバイクの販社設立

川崎重工業は23日、ベトナムの二輪車の販売子会社カワサキ・モータース・ベトナム(KMV)を設立し、営業を開始させたと発表した。輸入販売する中・大型バイクの需要の高まりを受け、販売も自社で展開する。

KMVを今年1月18日に設立した。資本金は150万米ドル(約1億6,500万円)で、川崎重工が100%出資する。従業員数は7人。これまで、提携によりマレーシアのタンチョン・モーター・ホールディングス(HD)傘下のTCモーターサイクル・ベトナムが担ってきた販売業務を、KMVが継承した。

川崎重工は、経済成長に伴う所得の増加により、ベトナムの250cc以上の中・大型二輪車市場が今年、昨年の4,400台から6,600台に拡大すると推定している。同社はベトナムに排気量175~1000ccクラスのスーパースポーツ、スポーツ、ネイキッドモデルを投入しており、今年は2,500台の販売を目指す。ベトナム二輪車協会(VAMM)は、今年の二輪車販売台数が、昨年実績の約330万台から約360万台に増えると予想している。


関連国・地域: ベトナムマレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

見えぬ脅威、厳格封鎖がカギ 疫学者「感染者の6割が無症状」(05/27)

ホンダ現法、昨年度は二輪販売が最高更新(05/27)

航空運賃の上限撤廃なるか、値上がり必至も(05/27)

ハノイの屋根付きバス停整備にPPP提案(05/27)

韓国LS電線アジア、越子会社に債務保証(05/27)

国内セメント消費は前年並みに=FPT証券(05/27)

ホアファット、チャーター便で伊から技術者(05/27)

鉄鋼の対ドイツ輸出、1~4月は27倍(05/27)

クアンニン省、都市環境社の全保有株売却(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン