【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ

三井物産の地域統括会社、アジア・大洋州三井物産は「アジアの三井物産」となるため、東南アジアや南アジアを中心に成長分野への投資を加速している。中でもヘルスケア事業は投資額の大きい期待事業。2020~23年にはEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)ベースで年率16%の…

関連国・地域: マレーシアシンガポール日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショッピングモールが閑…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

累計89人、新たに3人(22日、23日)(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

累計86人、新たに1人(21日正午)(02/24)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/24)

通信SEATEL、5Gの試験運用開始(02/24)

肺炎で航空会社損失3兆円、アジア直撃(02/24)

楽天モバイル、豪通信子会社に5G技術提供(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン