【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ

三井物産の地域統括会社、アジア・大洋州三井物産は「アジアの三井物産」となるため、東南アジアや南アジアを中心に成長分野への投資を加速している。中でもヘルスケア事業は投資額の大きい期待事業。2020~23年にはEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)ベースで年率16%の…

関連国・地域: マレーシアシンガポール日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「住宅トラブルは付きも…(10/17)

フィンテック調達額が過去最高 大型取引多く、デジタル銀で加速(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

改定FTAが発効、中国とシンガポール(10/17)

日立アジア、不動産大手と先端技術で提携(10/17)

シンガのファンド、LDGの海岸開発に投資(10/17)

JCB、小売店で現金引き出しサービス(10/17)

NEC、地場社とオンデマンドバス実証実験(10/17)

携帯販売クロップス、HR社買収(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン