【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ

三井物産の地域統括会社、アジア・大洋州三井物産は「アジアの三井物産」となるため、東南アジアや南アジアを中心に成長分野への投資を加速している。中でもヘルスケア事業は投資額の大きい期待事業。2020~23年にはEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)ベースで年率16%の…

関連国・地域: マレーシアシンガポール日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約2カ月に及ぶ職場・学…(06/04)

8日から渡航制限を一部緩和 まず中国と、経済活動再開へ道筋(06/04)

不動産所有者に追加支援、ローン返済に猶予(06/04)

ハイフラックスに不正疑惑、当局が捜査開始(06/04)

カーシェアのスムーブ破綻、清算手続きへ(06/04)

アンダーソン・毛利・友常、地場同業と提携(06/04)

保険グレートイースタン、1千人と代理人契約(06/04)

公共交通機関、隣同士の着席が可能に(06/04)

デング熱、自宅待機で7年ぶり高水準(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン