• 印刷する

自動車部品の輸入関税、撤廃の方針=財務省

ベトナム財務省は、自動車部品の輸入関税を撤廃する計画だと明らかにした。同国の自動車産業発展のためと説明している。16日付ベトナム・ニュース(VNS)電子版が報じた。

ベトナム国内で自動車部品を製造するための原材料および自動車の組み立て製造のための自動車部品を対象に優遇税制を設けるもの。期間は2023年までを想定している。

優遇策により国内の自動車生産の推進と部品の現地調達率を向上させ、自動車産業の発展を目指す考えだ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(19:11)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(19:03)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

中韓襲う肺炎、投資でも壁に サムスンのスマホ供給に懸念の声(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

Thaco、タイに起亜の乗用車を初輸出(02/26)

2月の定時運航率、バンブー航空が最高(02/26)

配車アプリ車、政令10号で全国展開可能に(02/26)

越中の国境、青果物のトラックが滞留(02/26)

ロンタイン空港の土地引渡し、期限延長せず(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン