• 印刷する

《日系進出》シャープ、空気清浄機などの工場

シャープは1日、ベトナムに複合生産工場を建設すると発表した。2020年度から、空気清浄機などの生産を開始する。

同工場を運営する新会社「シャープ・マニュファクチャリング・ベトナム」を来年2月、南部ビンズオン省のベトナム・シンガポール第2工業団地(VSIP2)内に設立する。資本金は2,500万米ドル(約27億円)で、シャープが100%出資する子会社となる。

同国で3カ所目の拠点となり、空気清浄機、液晶ディスプレー、電子デバイスなどの設計・製造を手掛ける。新工場の稼働により、輸入販売から現地生産に切り替える。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、コロナ禍も積極展開 経験とグループ力で逆境を克服(09/28)

1~9月のFDI流入、2割減の212億ドル(09/28)

ブルースカイ、一般航空事業認可取り消しか(09/28)

国建設の高速道路、全路線で料金徴収を検討(09/28)

ビンG、クアンニン省で観光都市区着工(09/28)

クアンニン建設セメント、HNX上場廃止へ(09/28)

南部ムイネーで大型リゾート物件が着工(09/28)

対中鉄鋼輸出100倍も、過去3カ月で急増(09/28)

ザーライ省、計3.6兆ドンの風力発電所着工(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン