【アジア貿易不振】アジア覆う対中輸出の鈍化 米中摩擦が影響、内需堅調な国も

【後編】米中摩擦がアジア経済の成長に影を落とす中、当事国の中国は直近の輸出や国内総生産(GDP)成長率で安定感を見せる。一方、台湾や香港、タイといった周辺国・地域は中国向け輸出の不振が続くなど、影響は大きい。米国向け輸出が大きく伸びたベトナムでも、中国向けでは…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日本製紙、紙コップ生産3倍に ベトナム紙業界の最新動向(3)(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

ティラワ接続道の拡幅が完工、往来円滑に(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

新型肺炎の先行きに不安 出張中止、車業界は調達に懸念(02/25)

【この人に聞く】民間向け太陽光発電を本格化 トリニタン、工場やEV、農業も(02/25)

ユニクロ2号店、ハノイに3月6日オープン(02/25)

香港政府、韓国からの入境を禁止へ(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン