【アジア貿易不振】アジア覆う対中輸出の鈍化 米中摩擦が影響、内需堅調な国も

【後編】米中摩擦がアジア経済の成長に影を落とす中、当事国の中国は直近の輸出や国内総生産(GDP)成長率で安定感を見せる。一方、台湾や香港、タイといった周辺国・地域は中国向け輸出の不振が続くなど、影響は大きい。米国向け輸出が大きく伸びたベトナムでも、中国向けでは…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドンドンドンキ8号店、30日に南部で開業(10/23)

ソリマチ、会計から農業支援 持続可能な農業へ日系の挑戦(下)(10/23)

韓国が日本に関係改善要請 隔たり依然、徴用工で悪化懸念も(10/23)

日本、コロナ支援で250億円の借款を約束(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

東京発の臨時便が可能に JALと印国営、定期便は運休(10/23)

川重、来年1Qに水素輸送実験 VIC州は水素ハブに(10/23)

日産、新小型SUV「マグナイト」21年投入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン