【ラオス経済通信】ジャール平原遺跡群が世界文化遺産に 第139回

7月6日、アゼルバイジャンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第43回世界遺産委員会は、ラオス北部シェンクワン県のトンハイヒン(Plain of Jars=ジャール平原)遺跡群の世界文化遺産への登録を決めた。ラオスの世界文化遺産登録としては、1995年のルアンパバーン市、2…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空が在留邦人の帰国便を運航へ(04/02)

10人目の感染者を確認、21歳の女性(04/02)

世銀、預金保護と住民登録制度を支援へ(04/02)

地元紙が印刷版の発行停止、外出禁止令で(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

全国外出禁止令を発動、感染者9人に(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン