【ラオス経済通信】ジャール平原遺跡群が世界文化遺産に 第139回

7月6日、アゼルバイジャンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第43回世界遺産委員会は、ラオス北部シェンクワン県のトンハイヒン(Plain of Jars=ジャール平原)遺跡群の世界文化遺産への登録を決めた。ラオスの世界文化遺産登録としては、1995年のルアンパバーン市、2…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

洪水への対応は国営放送で確認を=政府(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

越とラオスの中銀、金融の連携強化へ(09/20)

パクサン税関、1~8月は税収目標未達(09/19)

ヴィエティン銀、ラオス本部を立ち上げ(09/19)

洪水でコメ価格上昇、品薄で輸出にも影響(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン