18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増

ミャンマー商業省によると、2018年10月1日~19年7月5日の農産品の輸出額は26億米ドル(約2,810億円)超で、前年同期比約11%増加した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが15日伝えた。 ミャンマーは主要品目であるコメ・破砕米、豆類、トウモロコシ、天然ゴ…

関連国・地域: 中国ミャンマーマレーシアシンガポールフィリピンインドバングラデシュスリランカ
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

5月インフレが4%台に低下 食品価格が前月割れ(07/10)

19年インフレ率、企業4割の昇給率上回る(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

スー・チー氏、ILOバーチャル会議で講演(07/10)

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(07/10)

マンダレーのマハムニパゴダ、再開準備整う(07/10)

農産品輸出は30億ドル超、6月までに2割増(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン