米が農家の市場開拓支援、4年で900万ドル

米農務省(USDA)は10日、ラオスの小規模農家の生産拡大や新市場の開拓に対し、2018~21年の4年間で900万米ドル(約9億7,500万円)を拠出することに合意した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)などが伝えた。 米非営利団体(NPO)ウィンロック・インターナショナルがラ…

関連国・地域: ラオス米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

坂東電線がサワンナケートに工場開設(08/19)

首相、環境と調和したインフラ開発を指示(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

IMF、ラオス経済の長期見通しは楽観的(08/16)

【ラオスの日本農業】「青い食品」独自技術で実現 ツジコー、色素粉末の販路開拓へ(08/16)

中国に肉牛供給へ、米中貿易摩擦で商機(08/16)

スーチー氏、若手起業家に期待 日メコン行事「日本に感謝」も(08/15)

ボリカムサイ県に国内第2の「団結模範郡」(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン