• 印刷する

食品URC、豪NZ菓子事業40%を売却

フィリピンのゴコンウェイ財閥傘下の食品大手ユニバーサル・ロビナ(URC)は8日、オーストラリアとニュージーランドでスナック菓子の製造・販売を手掛けるURCオセアニアの株式40%を、欧州のインタースナック・グループに売却すると発表した。提携を通じてオセアニア事業を強化する。

オーストラリア外資審議委員会(FIRB)やニュージーランド海外投資局(OIO)の承認を待って、取引を完了する。売却額は明らかにしていない。

URCオセアニアは、豪スナック製造2位の「スナック・ブランズ・オーストラリア」と、ニュージーランドのビスケット製造大手「グリフィンズ・フーズ」を傘下に収めている。一方、インタースナックはオーストラリアで健康志向のスナック製造「ヤーラ・バレー・スナック・フーズ」を経営している。今回の取引ではURCもヤーラ・バレーの株式を取得する。

インタースナックは1995年にドイツで設立され、現在24カ国・地域で事業展開。欧州での売上高は約30億米ドル(約3,230億円)。URCは2014年にグリフィンズの持ち株会社NZスナック・フード・ホールディングス(NZFHL)を買収。16年にスナック・ブランズの親会社に当たる豪菓子大手コンソリデーテッド・スナックス(CSPL)を買収した。


関連国・地域: フィリピンオーストラリアニュージーランドオセアニア欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

税制改革第2弾、上院歳入委が承認(02/21)

政府支出25%増、噴火と新型ウイルス対策で(02/21)

貿産相、EUの「人権懸念」に反論(02/21)

ブラカン空港の着工遅れ、政府は問題視せず(02/21)

エネ省、石油会社に顧客データの提出要求(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン