• 印刷する

電子決済OVO、米金融情報会社と協力

インドネシアの財閥リッポー・グループ傘下の電子マネー・ポイントサービス「OVO(オボ)」は、金融犯罪リスクを軽減するため米金融情報会社リフィニティブと協力事業を行う。リフィニティブが8日、マネーロンダリング(資金洗浄)とテロ資金供与への対策を支援するソリューション「ワールドチェック」をOVOに提供すると発表した。

OVOは、顧客確認(KYC)とマネーロンダリング防止(AML)の手続きでワールドチェックを活用する。OVOのハリアント取締役は「国内のデジタル経済の発展を支援するため、強固なセキュリティー・インフラの構築にこれからも取り組んでいく」と述べた。

リフィニティブは、米情報サービス大手トムソン・ロイターの旧ファイナンシャル・リスク部門。ワールドチェックは、正確なデータベースに基づき、組織が意思決定を下す際に金融犯罪に巻き込まれないためのスクリーニングなどを支援するツールで、世界の金融機関で採用されている。


関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン