今年に入り貯蓄が急増、個人消費に暗雲

上海財経大学高等研究院は6日発表した中国のマクロ経済情勢分析リポートで、今年に入って家計の預金が急増していると指摘した。貯蓄率も2013年以降で初めて上昇に転じたとしている。消費者の財布のひもが固くなりつつあることの表れといえ、個人消費の減速に対する懸念が高まりそ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(07:14)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(07:14)

肺炎死者100人超え、北京市と海南省でも(13:18)

証取所、2月3日から取引再開(12:05)

新型肺炎のピーク、4~5月か=香港大院長(12:02)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

春節休暇2月2日まで延長、新型肺炎に対応(01/28)

島津製、比を基板中核拠点に 工場拡張、高齢化など追い風(01/28)

武漢からの渡航者遮断、政府 新型肺炎の感染者を4人確認(01/28)

日本GDP2.4兆円減、野村総研の肺炎影響試算(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン