ヤンゴン駅再開発、20年まで契約締結目標

ミャンマー最大都市のヤンゴン中央駅周辺の再開発について、事業権を落札した企業連合は、2020年までにミャンマー国鉄(MR)と契約書を交わし、工事に着手したい意向だ。イレブン電子版が3日伝えた。 企業連合の一員であるシンガポールの高級不動産開発オクスレー・ホールディ…

関連国・地域: 中国ミャンマーシンガポール
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

政府、コロナファンドを79億円規模増額(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

新たな感染なし、累計313人のまま=6日朝(07/07)

輸入増加に伴う生産者保護法、即時施行(07/07)

コメ輸出、2割増の6.2億米ドルに(07/07)

6月は48.7で回復の兆し、製造業PMI(07/07)

カチンの翡翠鉱山事故、政府が調査委を設置(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン