電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ

フィリピンの議会は、2001年に成立した電力産業改革法(共和国法第9136号、EPIRA)を見直す。成立から18年経っても、小売り自由化が十分に進んでおらず電気料金が安くなっていないためだ。上下両院の合同エネルギー委員会が、来月22日に開会する次期国会で、EPIRAを補完…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あんなに白い砂浜は他…(07/18)

エコカー普及へ法整備 政府が年内行程表、日韓が先手(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

トヨタ、SUV「ラッシュ」で無償修理(07/18)

20年末に上位中所得国入り、経済開発庁(07/18)

ミンダナオ鉄道、単線非電化で整備(07/18)

老朽ジプニーの廃車進まず、目標の1割未満(07/18)

周大福、4~6月の香港・マカオは11%減収(07/18)

不動産アヤラ、カビテに商業地区を開発へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン