ブレーキ利かず、人工豪雨で車の運転実験

【共同】台風や大雨の時季を前に防災科学技術研究所(茨城県)は14日、人工的に再現した豪雨の中での自動車運転実験を報道陣に公開した。スタッフが時速約30キロでアスファルトの道路を走ると、フロントガラスを伝う滝のような雨水で前が見えず、ブレーキも利きにくくなり危険性を…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、道路補修資機材の供与で資金協力(07/19)

テイクオフ:2本のビール瓶の王冠を…(07/19)

日本の新興医療が商機探る 印との協業目指し、南部でイベント(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

訪日旅行喚起へ航空会社と提携、政府観光局(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

【アジア三面記事】高層集合住宅のハードな暮らし(07/19)

ソフトバンク孫氏、日本のAI活用加速訴え(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

トヨタ、経路検索を全国展開へ ナビタイムと共同開発、海外展開も視野(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン