• 印刷する

マレーシアのレッドワン、5社目のMVNOに

マレーシアの格安通信会社レッドワンは22日、同日付でシンガポールでの営業を開始すると発表した。同国では5社目の仮想移動体通信事業者(MVNO)となる。まず試験的にポストペイド(後払い)プランを提供する。

シンガポールでは月額8~28Sドル(約640~2,240円)のプランを提供する。

シンガポール国内の通話の場合、レッドワン加入者の電話番号に対しては1,000分(16時間40分)の無料通話枠を付帯。国内他社とマレーシアの電話番号に対しては300分の通話とショートメッセージサービス(SMS)30通を追加料金なしで提供する。マレーシアでは、海外ローミングサービスを無料で利用できるようにする。

レッドワンはマレーシアで2012年に創業した。

先にはベトナムで、国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)と提携。VNPTの通信網を借りて、同国でも通信サービスを提供する計画だ。

レッドワンのシンガポール向けウェブサイトのスクリーンキャプチャ(同社ウェブサイトより)

レッドワンのシンガポール向けウェブサイトのスクリーンキャプチャ(同社ウェブサイトより)


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

医療充実都市ランキング、世界16位(10/18)

シンガポール航空、札幌冬季限定便が最多に(10/18)

モビリティー先進度で世界首位、政策など評価(10/18)

9月の新規車両登録7%減、二輪伸び鈍化で(10/18)

香港の日系企業数、今年も2位を維持(10/18)

最大労組NTUC、30年までに組合員150万人(10/18)

国際ハブ港のうち1カ所をスーパーハブ港に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン