新市場の「フグ」に熱視線 上海に料理店進出、輸出模索も

中国でフグの消費が解禁され、日本の企業や業界団体の間でも新たな商機に期待が高まっている。トラフグ料理店「玄品」を展開する関門海(大阪市西区)は先週末、上海市で中国1号店をオープンした。業界団体の間でも、将来的な日本産フグの輸入開放を見据え下地作りが進む。【上海…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 農林・水産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

豪株式続伸、07年以来の高水準を維持(06/21)

北京市の鉱工業生産、1~5月は4.8%増(06/21)

住宅市場へのデモ影響は軽微 大手幹部が言及、長期的に楽観(06/20)

テイクオフ:6月18日は何の日? …(06/20)

政治混乱、早期収束なら住宅値上がりへ(06/20)

改善要望の重点は投資と税務 日本商会白書、外商投資法に期待(06/20)

中古車の増値税制改革、業界団体が要望(06/20)

米中首脳が電話協議、G20サミットで会談へ(06/20)

原発設備市場、今後2年で1千億元規模(06/20)

AD調査を開始、米欧韓の合成ゴムEPDM(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン