新市場の「フグ」に熱視線 上海に料理店進出、輸出模索も

中国でフグの消費が解禁され、日本の企業や業界団体の間でも新たな商機に期待が高まっている。トラフグ料理店「玄品」を展開する関門海(大阪市西区)は先週末、上海市で中国1号店をオープンした。業界団体の間でも、将来的な日本産フグの輸入開放を見据え下地作りが進む。【上海…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 農林・水産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(14:10)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(02/22)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

累計89人、新たに3人(22日正午)(12:09)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

出稼ぎ労働者の復帰で対策 専用列車、拡大防止と再開支援(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン