• 印刷する

韓国独自の原子炉、米で認証取得

米原子力規制委員会(NRC)は4月30日(現地時間)、ウェブサイトを通じて、韓国独自の原子炉モデル「APR1400」の米国内での設計認可を最終的に認証すると発表した。7月末の認証発効から15年間、米国での建設・運営が可能になる。韓国メディアによると、他国が開発した原子炉を米国が設計認可するのは初めてという。

APR1400は韓国の主力原子炉モデルOPR1000を改良した次世代型の加圧水型軽水炉。出力は約1,400メガワット(MW)。事故発生の際は、原子炉を迅速にシャットダウンすることで事故による被害を軽減できるという。

同原子炉は韓国の新古里原発3、4号機(蔚山市)などで使用されているほか、2010年には韓国産原子炉として初めて、アラブ首長国連邦(UAE)に輸出された。米国はUAEに次ぐ輸出先として期待が高まる。

一方、韓国の専門家からは、これを機に韓国政府は脱原発政策を中断すべきとの声もあがっている。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

SKハイがネオンを初国産化 輸入代替・安定調達に貢献(10/07)

新規感染者2.9万人、死者29人増(10/07)

韓国へのFDI、過去最高の200億米ドル超(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

韓日経済フォーラム開催、協力強化を模索(10/07)

9月の輸入車販売17%増、半導体不足が緩和(10/07)

LGエナジー、二輪電池交換事業に進出へ(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン