• 印刷する

VWの西部チャカン工場、出荷100万台達成

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、インド西部プネ近郊チャカンの工場の出荷台数が100万台に到達したと発表した。100万台目はインド向けに開発されたセダン「アメオ」だった。

同工場は2009年3月末に稼働した。インド国内の需要への対応を目的に設置されたが、現在はアジアとアフリカ、北米、南米の50カ国余りへの輸出拠点としても活用されている。同工場の輸出実績は40万台を超えている。

同工場では、VWだけでなくチェコの「シュコダ」ブランドの自動車も生産しており、最初に生産された自動車は同ブランドのハッチバック「ファビア」だった。

VWは西部プネ近郊の工場で100万台の出荷を達成した(同社提供)

VWは西部プネ近郊の工場で100万台の出荷を達成した(同社提供)


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:事前にさまざまな予測、…(05/27)

政権2期目、改革継続に期待 モディ首相、30日に就任宣誓式(05/27)

野党総裁続投も、辞意表明も幹部会で慰留(05/27)

パキスタン首相が祝意伝達、モディ氏に(05/27)

米国が下院選勝利の首相に祝意、連携を強調(05/27)

商用車アショク、販売好調で増収増益(05/27)

車ECドゥルーム、登録販売者数が30万突破(05/27)

アダニ承認可否、QLDが6月13日まで結論(05/27)

日生、印の資産運用会社を子会社化(05/27)

外貨準備、17日時点は4180億ドルに減少(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン