• 印刷する

テイクオフ:「ニーツーファンラマ」…

「ニーツーファンラマ」――。カンボジア南西部の、街灯もない国道沿いにある西洋風の建物から耳慣れた言葉が聞こえてきた。のぞいてみると、小さな中国語教室が開かれていた。

教室を主宰するのは、この町で経済特区の運営に携わっている台湾人の李さん。生徒の大多数が、近くの工場で働くカンボジア人労働者という。カンボジア人に中国語を教え、代わりに彼らからクメール語を教わるそうだ。李さんいわく「経済特区を運営する企業のほとんどが中華系。中国語を話せれば仕事に役立つから、彼らは熱心に学んでいるよ」。

レジュメは李さんが作成し、授業料はタダ。なぜここで教室を開いたのかを尋ねると、「その国の言語を学ぶことは、文化を知る第一歩になる。彼らの成長を手助けできることができるのはうれしい」と屈託なく笑う。カンボジアの片隅では、今夜も中国語が響き渡っている。(佳)


関連国・地域: 台湾カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつては軍事船舶が停泊…(10/23)

オフィス市場が活況 回帰投資の需要増で、建設加速(10/23)

ベライゾン、中華電信と5Gで提携(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ゴゴロが台北でシェアサービス、域内2都市目(10/23)

ジーンズの如興、香港企業の株式67%取得(10/23)

ワクチン受注増で通年黒字化へ、国光生技(10/23)

一之軒、AIパン判別システムを台湾初導入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン