• 印刷する

NEC、北京企業に大型蓄電システム納入

NECは11日、エネルギー関連の米国子会社、NECエナジーソリューションズとともに、エネルギーサービスを手掛ける北京睿能世紀科技に供給した出力9,000キロワット(kW)の大型蓄電システム2基が稼働したと発表した。

2基はそれぞれ内モンゴル自治区オルドス市と河北省唐山市の発電所に設置されている。このほか、NECは北京睿能世紀科技から6,000kWの大型蓄電システム1基を受注。山西省で現在設置作業が進められており、6月末までに稼働する予定だ。この3件を含めて、NECとNECエナジーソリューションズの蓄電システムの世界市場での納入実績は75万kW以上に達する見通し。

NECの担当者によると、これらの蓄電システムには、電力を安定的に供給するため周波数を調整する機能が備わっている。中国では再生可能エネルギーの利用が急速に進んでいるが、再生可能エネルギーは自然条件などによって発電量が変動するため、周波数調整機能が備わった蓄電システムの需要は今後拡大が見込めるという。


関連国・地域: 中国-北京日本米国
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

中国の民間ヘリ、3年で1.5倍に=エアバス(08/16)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

テイクオフ:「このピンクのミニスカ…(08/16)

内陸から海へ、西部ルート強化 重慶核に「一帯」と「一路」連結(08/16)

HTCがインド再進出、中国企業に生産委託(08/16)

華為、アフリカでスパイ行為に協力か(08/16)

新車の品質が大幅向上、JDパワー(08/16)

国産電動バイク、21年に現調率100%へ(08/16)

資源依存の中国、豪には強硬態度を取れず?(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン