• 印刷する

NEC、北京企業に大型蓄電システム納入

NECは11日、エネルギー関連の米国子会社、NECエナジーソリューションズとともに、エネルギーサービスを手掛ける北京睿能世紀科技に供給した出力9,000キロワット(kW)の大型蓄電システム2基が稼働したと発表した。

2基はそれぞれ内モンゴル自治区オルドス市と河北省唐山市の発電所に設置されている。このほか、NECは北京睿能世紀科技から6,000kWの大型蓄電システム1基を受注。山西省で現在設置作業が進められており、6月末までに稼働する予定だ。この3件を含めて、NECとNECエナジーソリューションズの蓄電システムの世界市場での納入実績は75万kW以上に達する見通し。

NECの担当者によると、これらの蓄電システムには、電力を安定的に供給するため周波数を調整する機能が備わっている。中国では再生可能エネルギーの利用が急速に進んでいるが、再生可能エネルギーは自然条件などによって発電量が変動するため、周波数調整機能が備わった蓄電システムの需要は今後拡大が見込めるという。


関連国・地域: 中国-北京日本米国
関連業種: その他製造電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(16:22)

現代商船、ロシア向け定期航路を新規就航(19:02)

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(19:02)

政府がネット通販の販促イベント、28日から(17:54)

テイクオフ:野菜や肉などの生鮮食品…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

マ首相、一帯一路会議に出席 ECRL再契約で対中関係深化へ(04/24)

ミッソンダム反対、大規模デモが継続(04/24)

首相が一帯一路で訪中へ、複数覚合意も(04/24)

三菱自がパジェロ国内販売終了へ、販売振るわず(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン