• 印刷する

消費者情報の悪用、当局が集中取り締まり

中国国家市場監督管理総局(市場監管総局)は10日、消費者の個人情報保護を強化するための集中取り締まりを今月から開始したと明らかにした。消費者に無断で個人情報を収集、利用したり、入手した個人情報を第三者に提供したりといった違法行為を摘発する。

期間は9月末までの半年間。特に◇不動産の賃貸、販売◇小口融資◇教育◇保険◇美容、健康◇内装◇観光◇宅配◇電話セールス◇ウェブサイト、アプリの運営――といった、個人情報の扱いを巡る違法行為が多発している業種や分野を重点対象と位置づける。

市場監管総局は「電子商取引(EC)の急速な成長などに伴い、消費者の個人情報を侵害する違法行為が日増しに増加している」と指摘。今回の取り締まりを通じて個人情報保護の理念を確立し、消費者が安心できる消費環境を作っていきたいと説明した。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(19:42)

新型コロナ感染者8人増、全て海外から(16:21)

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン