祝日削減・特区法制定も 首相、投資環境の改善策表明

カンボジア政府は3月29日、民間企業が抱える問題を政府と協議する「官民フォーラム」を開催し、フン・セン首相が祝日の削減や港湾手続きの料金引き下げなどを表明した。経済界へのコスト削減効果は直接・間接を含め4億米ドル(約440億円)に上る見通し。首相は経済特区(SEZ)…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 繊維農林・水産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都河川港のコンテナ取扱量、上期は13%増(07/08)

建設投資認可額、1~6月は13.3%増(07/08)

シアヌークビル、観光業再開の準備呼び掛け(07/08)

首都3カ所に地下駐車場、中国系企業が計画(07/07)

ゴム輸出量、1~5月は17%増の9.7万トン(07/07)

カジノのナガや学校、間もなく再開へ(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン