• 印刷する

テイクオフ:柯文哲・台北市長が米国…

柯文哲・台北市長が米国訪問時の座談会で、民法改正による同性婚の合法化の是非を問う昨年の住民投票について、「反対票を投じたが、12万5,000人に台北の街を歩くことを許している」と発言し、支援団体から批判が相次いでいる。

行政院は2月、同性カップルの婚姻を法的に保障する特別法案を閣議決定した。施行されれば、アジアで初めて同性婚が合法化されることになる。だが反対派も根強く、昨年の住民投票では民法改正を否定する意見が多数だった。

柯台北市長は後日、フェイスブック上で「私が反対票を投じたという意味ではない」「投票結果にかかわらず、パレードの開催を容認しているというのが本意だ」と説明した。

若者を中心に人気があり、次期総統候補とも目されている柯台北市長だが、普段から“失言”が多いことでも知られる。今回の騒動が支持率にどう影響するか、気になるところだ。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港の資金を呼び込み、規制緩和へ=金管会(12:39)

テイクオフ:未曽有の大型台風が日本…(10/15)

工作機械輸出が今年2割減へ 業界団体幹部、年末に下げ拡大(10/15)

日本路線利用客、9月は3割減 ボイコットジャパンの余波依然(10/15)

中国の半導体企業、台湾の人材を引き抜き(10/15)

AIベンチャーの碩網、MSとサービス提携(10/15)

30年までにバスEV化、予算300億元(10/15)

自動車部品の英利、7000万米ドルの融資獲得(10/15)

通信3社、9月売上高は明暗(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン