• 印刷する

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携

農林中央金庫はこのほど、フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクと、包括的な業務提携の覚書(MOU)を締結した。取引先の食農関連企業や農業法人などの現地進出、現地事業の拡大を支援する体制を強化する。農林水産物や食品の主要輸出先であるアジアの成長を、日本の農業に取り込むのが狙い。

農林中金は顧客に現地情報を提供するほか、BDOとの提携でペソ建て資金調達などの機能を強化する。相互補完的な業務提携で、BDOの非日系企業向け協調融資に参加することなどで地場企業との関係を築き、取引先とのビジネスマッチングや合併・買収(M&A)の助言に生かし、金融・非金融サービスを強化する。

農林中金はまた、ベトナム投資開発銀行(BIDV)とも同様の包括的業務提携を結んだ。海外の金融機関との業務提携は、オランダのラボバンクに続くものとなる。アジアでは、インドネシアの銀行とも提携する予定だ。

農林中金の広報担当者によると、現在の法人顧客数は2,000弱で、うちフィリピンとベトナムに拠点を置くのは大手を中心に数十社ずつ。東南アジアは日本からの農産物の輸出先として成長が見込めるものの、物流・コールドチェーン網が不十分な地域が多く、日本企業による現地生産や物流網整備への関心が高まっているという。

BDOによれば、地方銀行や信用金庫など日本の金融機関との業務提携は、同行にとって農林中金が14行目となる。


関連国・地域: ベトナムフィリピン日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン