• 印刷する

パナ、地場配電とEV充電施設を設置

EV向け充電ステーションの設置を発表したパナソニックの関係者ら=ニューデリー(同社提供)

EV向け充電ステーションの設置を発表したパナソニックの関係者ら=ニューデリー(同社提供)

パナソニックは18日、インドの配電企業BSESヤムナ・パワーと共同で、首都ニューデリーに電気自動車(EV)向けの充電ステーションを設置したと発表した。同国での設置は初めてで、EVの普及を視野に入れ試験的な運用を行う。

BSESヤムナの本社敷地内に設置した。充電規格はインドの独自規格に準拠した「バーラトEV AC001」となる。出力は10キロワット(kW)で、同時に3台の充電が可能。リチウムイオン電池を搭載したEVの充電時間は従来の制御弁式鉛蓄電池(VRLA)と比べて約3倍の速さという。携帯電話などのアプリに対応し、料金の自動徴収やリアルタイムでの充電データの確認、充電パターンの認識といった機能も備える。

パナソニックの担当者は、試験的な運用を通じて事業化を検討すると説明。事業化時期も検討中としている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

プラ製品シータイ、越やインド事業を強化(04/19)

テイクオフ:インドのカレーは日本と…(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

タタ自、電気自動車のラインアップを拡充へ(04/18)

EV新興企業、最初の車両を交通局に登録(04/18)

正新のインド工場、19年末にフル稼働へ(04/18)

自動車部品シャルダ、ドイツ企業と合弁(04/18)

クボタのトラクター販売3割増、1万台強に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン