• 印刷する

タイのビッグC、ポイペト出店が認可

カンボジアの投資認可当局であるカンボジア開発評議会(CDC)は、タイの大手財閥TCCグループの総合商社バーリ・ユッカー(BJC)がカンボジアで計画するスーパーマーケット事業を認可した。投資額は680万米ドル(約7億5,200万円)。

傘下のハイパーマーケット「ビッグCスーパーセンター」が、タイ国境の北西部バンテイメンチェイ州ポイペトのバル・スペン村1に1号店を出店する。雇用創出数は1,222人を見込む。

ポイペトにはタイの生産分業拠点として複数の日系企業が進出している。ただ生活面は厳しい。菓子類やシャンプーなどを販売する商店はあるが、生鮮野菜やパック詰めの肉を売っているスーパーはない。ビッグCが開業すれば、生活環境は大きく改善しそうだ。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/18)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

【カンボジア経済通信】米中貿易戦争で漁夫の利か 第350回(10/18)

SBIが地場子会社化、銀行事業に再参入(10/17)

シアヌークビル港取扱量、1~9月は18%増(10/17)

主要3空港の旅客数、1~9月は15%増(10/17)

シエムレアプの大型文化施設、政府が認可(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン