両備システムズが合弁会社、ICT事業参入

両備システムズ(岡山県岡山市)は8日、ラオスの首都ビエンチャンに合弁会社を設立し、今月1日から営業を開始したと発表した。日系企業が整備したラオス国営のデータセンターを活用したICT(情報通信技術)事業に参入する。 新会社「リョウビ・ラオ」の資本金は100億キープ(…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

電力公社とラオス航空の経営効率化に注力(05/27)

商工省、輸出入管理に新サービス導入(05/24)

後発3カ国の対日輸出14%増 1~3月、品質・輸送改善が寄与(05/24)

ラオス中銀、仮想通貨取引は「違法」と警鐘(05/23)

割賦ティティコン、二輪不振で目標引き下げ(05/23)

カシコン銀、ラオスで銀行代理店展開を計画(05/23)

首都空港、第2ターミナル建設を計画(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン