• 印刷する

電算システム、2年で500店に収納窓口展開

電算システムは、フィリピンのコンビニエンスストアで、電気、水道、電話などの料金支払い受付サービスを提供する店舗を増やしている。同社のシステムを今月中にマニラ首都圏の「ミニストップ」30店で稼働し、向こう2年間をめどにミニストップの全店舗、約500店への導入を進める計画だ。海外で同社システムを展開するのは初となる。

電算システムは、資本業務提携先である現地の収納代行サービス最大手、CISバヤッド・センターとともに、公共料金などの収納窓口システムを開発した。日本で提供している収納代行サービスのシステム「ビズエージェント」のフィリピン版で、第1弾として2017年末にミニストップの現地運営会社と契約を締結。昨年2月に2店舗にテスト導入したものの、通信インフラの問題や、収納代行サービスの提供では各店舗に認可取得が求められることなどから、導入店舗が増えない状況が続いていた。

同社の広報担当者はNNAに対し、インフラ面でミニストップ各店の導入にめどがついたと説明。まずはミニストップでの展開に注力し、その後ほかの小売りチェーンにも広げていきたい考えを示した。

電算システムは、16年にバヤッド・センターと業務提携し、17年には同社の株式5%を取得した。日本国内ではビズエージェントをスーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターなど昨年末時点で3,504店舗に展開している。海外での導入はフィリピンが初めて。

バヤッド・センターは、フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)の子会社。ショッピングモールやスーパー、サリサリストア(小規模雑貨店)などに3万3,280カ所の収納代行窓口を持ち、電気、水道、クレジットカード、保険料など292種類の支払いを受け付けている。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小腹がすいた昼過ぎ、ず…(11/14)

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

修正案でインフラ強化 優先事業7割、来年半ば着工(11/14)

政府インフラ事業は「惨めな失敗」=野党(11/14)

ウデンナ、シェブロンのガス田権益取得(11/14)

IT・BPM業界、予想成長率を下方修正(11/14)

民間の経済指標予測は改善、財務次官が認識(11/14)

ウデンナ、ウェンディーズの事業権取得(11/14)

電子アイオニクス、20年に1000万ドル投資(11/14)

電子決済のペイマヤ、銀行間送金を可能に(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン