• 印刷する

商品購入は国産品を好む=豪州人9割

オーストラリア人の90%が、購入するなら外国産より国内産の商品を好む傾向にあることが、調査会社ロイ・モーガンによる調査で分かった。88%と高水準だった前回調査の4年前からさらに増加した。また、オーストラリアの主要貿易相手国産の商品についての信用度は、中国以外の各国で前回調査から上昇している。

14歳以上の国民1万5,009人を対象にした昨年9月までの1年間の同調査によると、外国産ではニュージーランド産の商品を購入するとの回答が60%と、前回から7ポイント上昇した。このほかにも、カナダ産を好むとした回答が大きく増加(45%から54%に)したほか、英国(55%から60%に)、米国(56%から59%に)、日本(49%から55%に)、韓国(29%から33%に)など、オーストラリアの主要貿易相手先産を好む傾向も増加している。一方、中国産を好むとした回答は1ポイント下落の34%となった。

豪中自由貿易協定(FTA)が締結された当時のロイ・モーガンの調査では、国民の40%が同FTAを好感していたが、今回の調査では、食品では90%が国産を選ぶとしたのに対し中国産と答えたのは6%、服飾では国産が76%なのに対し中国産は34%となっている。車についても、52%の国民が国産があれば国産を購入すると回答したのに対し、中国産は11%だった。

ロイ・モーガンのミシェル・レビーン最高経営責任者(CEO)は、「対中貿易は拡大しているが、食品や車以外の商品でも中国産を好むオーストラリア人は4年前より減っている」と述べている。


関連国・地域: 中国韓国オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(04/06)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

豪トヨタ、地場車関連ソフトウエア企を買収(04/06)

全日空、13日から羽田―シドニーを減便(04/06)

トラック輸送に大きな負担、食品需要急増で(04/06)

豪の化粧品販売が大幅減、在宅勤務増で(04/06)

オーストラリア、ベトナム製鋼管にAD調査(04/06)

豪2月小売売上高好調も、今後減少傾向か(04/06)

豪政府、商業不動産のテナント救済策を検討(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン